中折れ男はバイアグラを濫用の副作用

「バイアグラ」を全世界の2000万人以上の使用は、その長期的な安定を確認した安全性、「バイアグラ」25-60分かかるの作用時間ちょうど配合前戯所要時間を調整して、時間は最高の薬物濃度の時間で、助けて夫婦双方が得満足の性生活。だけど食べバイアグラにも多くの副作用で、これらの見えないダメージも男性の友達はすべて比較的に心配する。

問題1、どれらの人はバイアグラを触ることができませんか?

男たちを選んで食べバイアグラの時は服用前から一定の理解や準備には、まず自分の体の状況を理解するべきかどうかを得た深刻な病気、次に服用後性愛バイアグラは大きく気力と体力で自分に耐えることができるかどうかに住む。もし心臓疾患、脳卒中、色素性網膜炎、腎臓の病気、肝臓疾患、血液病、陰莖の奇形など、服用前にきっと先に専門家。ニトログリセリンを服用している薬など、消心痛硝酸エステル類の人は食べ放題最強のバイアグラ。最後に、体力差、心臓負担力の悪い人は使えない。

問題2、人々がよく言うバイアグラはどんな薬を含む?

庶民の常説のバイアグラ多指バイアグラ、現在日本市場では一般的な「バイアグラ」類薬さん種類:バイアグラ、レビトラ、シアリス。この薬物の化学成分はご型磷酸二酯酶(PDE5)抑制剤、薬を飲んだ後、刺激性の作用の下で、薬物を血液流入ペニス体を強め、勃起硬度。多数の薬局が販売され、購入も便利です。

問題3、どこでバイアグラを買えることができますか?

現在、バイアグラ類薬は病院の薬局とドラッグストアでも買えます。しかし国内、バイアグラは処方薬に属し、購入時に処方箋を提示する必要があります。初めて利用者が最良の治療効果を達成するために、危険な情況を避けるためには、最高の病院で専門医の診断をした後、医者の指導のもとで合理的な使用を避けるために、误服誤用。しばらく時間を使うと効果がありますから、薬局で自分で購入できます。注意したいのは、いくつかの薬局が患者に推薦いくつかのいわゆる「精力薬」と保健品、これらの薬には足を付けるた西洋医学の成分、その安全性確保できないので、みんな勝手に使用すると。

From 中折れの原因と対策, post 中折れ男はバイアグラを濫用の副作用