どれらの男は中折れしやすいですか?

中折れの病因は器量と性質性と心理性の両種類に分かれる、そのうちの器量と性質性の病因は血管、神経、内分泌と陰茎自身などの方面要素を含める。

でも、説明する必要があるものは、これらの高さの危要素がただ統計学分析後の得た結論と可能性を経過して、ペニス硬度不足これらの高さの危要素がきっと罹ができて中折れを患うことを意味しません。

1.疾病

①心臓血管疾患は心臓病のように、高血圧の患者は中折れのものに同伴して比例的にそれぞれ39%、15%とする。そのうえ中折れはおそらく全身の動脈の粥の形硬化の前兆です。

②糖尿病は中折れと関係する最も密接な疾病の一つで、糖尿病患者中折れ有病率は75%23%の~とする。糖尿病の10年以上者発生した中折れの可能性を患って1倍5年以下者の高さを比較します。また、血糖は不良を制御して、喫煙は全部発病した可能性を増やします。

③慢性腎機能不全は中折れを発する比例的に40%以上にあることに同伴します。

④高脂血症は、血清の総コレステロールはほど高くて、高密は脂蛋白を切って低くて、中折れの可能性が発生してすぐ大きさを越える。

⑤多発性は硬化して、中風は、髄の鞘疾病を抜けて、老齢白痴症などの神経の煩いは全て中折れと関係がある。

⑥下垂体器は減退することができて、性的腺器は減退することができて、高い泌の乳の白い血症、副腎疾病、甲状腺機能は高進して、甲状腺機能低下などの内分泌疾病と勃起機能は関連します。

⑦前立腺、陰茎の疾病が中折れを発する可能性に同伴して40%以上にあります。

⑧潰瘍の病は中折れを発する可能性が18%とすることに同伴して、関節炎、アレルギー症、アルコール性肝硬変、COPOなどは全て中折れと関係して密接です。

2.心理的要因

精神疾患は統合失調症のように、鬱病と治療した鬱病の薬物は全部中折れと関係がある。50%の~は90%の鬱病患者性欲は冷淡です;他方、性機能不全は同様に常に憂鬱さを引き起こして、焦りなどは元気で異常です。

3.薬服用利尿は投薬して、血圧降下は投薬して、心臓病の薬物を治療して、薬を安定させて、抗憂鬱な薬、ホルモン、抗きもの塩基的に潰瘍病を投薬して並びに治療する薬物は全ておそらく中折れを引き起こします。

4.不良のライフスタイル

①喫煙します。8.5%と喫煙しない心臓病患者完全な中折れの有病率と喫煙してそれぞれ56%のために21%と;それぞれ20%喫煙しない高血圧患者完全な中折れの有病率と喫煙してなる。

②大酒をむさぼります。アルコールは”性欲を高めて、性的な力を下げます”の説があります。国外は研究が表明して、25%とそれぞれ70%大酒をむさぼらない肝臓病気者中折れ有病率と大酒をむさぼってなる。そのうえ1の人間の背丈の半分が断酒していて長年後に依然としてまだ勃起機能を回復することができません。

③麻薬を吸います。研究が表明することがあって、ヘロイン者中折れを口に吸い込む有病率は32.2%とします。

From 中折れの原因と対策, post どれらの男は中折れしやすいですか?